介護フランチャイズの経営指南まるごとガイド

サイトマップ

介護業界の優良フランチャイズBEST5ランキング

注目のジャンル・介護記念サービスのFC

  • 介護には欠かせない食のサービスの醍醐味とは
  • 食事制限がある方への宅配弁当
  • セミナーを取材してきました
  • 加盟している方の声

介護業界の優良フランチャイズBEST5ランキング

超高齢化社会を迎え、拡大する介護ニーズ。ノウハウを持ち、サポートを受けられるフランチャイズでの開業は、個人・法人を問わず注目されています。

デイサービスや訪問介護、訪問看護など介護保険で賄われる事業の他、高齢者向け配食サービス、美容サービスなど介護保険外の事業もあわせ、介護分野は幅広く、様々な事業があるのです。

フランチャイズに加盟する際、「開業のしやすさ」と「事業の将来的な継続性」をチェックすると思います。

こちらのサイトでは、開業資金の目安・安定性・サポート内容の充実度でおすすめフランチャイザー(本部)を比較しランキングしています。では早速発表しましょう。

宅配クックワン・ツゥ・スリー

宅配クックワン・ツゥ・
スリー

高齢者専門 配食・宅配サービス

  • あらかじめ調理された食材を盛り付けて配達するビジネスモデル。低資金・未経験・少人数でも始められる。
  • 宅配専門のため、15~20坪ほどのスペースがあれば開業可能。
  • 自治体からの評価も高く、市区町村によっては行政の配食サービスを受諾。安定した稼働顧客が得られる。
  • 15,000人~20,000人の高齢者がいるエリアを、1店舗が独占して販売ができるテリトリー制。

詳しくはこちら

開業資金の目安 ★★★★
初期投資総額:280万円
安定性 ★★★★★
今後拡大し続ける高齢者市場向けへの事業。介護保険の改正に左右されず安定的な収益が見込める。エリアによっては行政から委託を受けることもある。事前注文制で無駄なコストやロスが無く収益性は高い。
サポート内容 ★★★★★
高齢者専門配食業界のパイオニアとして培ってきたノウハウを、惜しみなく提供してくれる。スーパーバイザーによる定期指導・サポートの他、加盟店同士のつながりが強く、他のオーナーや店長からもアドバイスを受けられる。
募集エリア 全国
介護24

介護24

訪問介護

  • 低コストで介護ビジネスを開業できるFC。
  • 加盟するフランチャイジー(加盟者・加盟店)の多くが介護事業未経験者。
  • 事務処理や書類申請など煩雑な業務を本部が代行してくれる。

詳しくはこちら

開業資金の目安 ★★★★★
初期投資総額:105万円~
安定性 ★★★★
特養など入所施設の不足や、介護者の負担を減らすため、訪問介護のニーズは高い。
サポート内容 ★★★★
ヘルパーの給与計算、サービス利用者への請求処理、国保連への請求などの事務手続きも本部で対応。
募集エリア 全国
からだ元気治療院

からだ元気治療院

訪問マッサージ

  • 訪問が基本なので、ローコストで開業できる。
  • マッサージの有資格者を雇用すれば、未経験・知識がなくても開業できる。
  • 利益率が比較的高い。

詳しくはこちら

開業資金の目安 ★★★
初期投資総額:380万円
安定性 ★★★★
医療保険が適用されるサービスなので、利用者の自己負担が少なく、継続的な利用が見込まれる。法改正によって報酬が変化する介護保険と比べて、医療保険は変化が少なく安定している。
サポート内容 ★★★
開業前・開業後サポートが充実。
募集エリア 全国(沖縄以外)
介護保険介護タクシー事業会

介護保険介護タクシー事業会

介護タクシー

  • 初期費用を抑えて開業できる。自宅でも可。
  • 高齢者や体の不自由な方、怪我などで一時的に動けない方と対象が幅広い。

詳しくはこちら

開業資金の目安 ★★★
初期投資総額:357万円
安定性 ★★★
在宅介護の増加から通院や介護施設への送迎などニーズはますます高まっている。リピート率は約9割と高いのも魅力。
サポート内容 ★★★★
スカイプを利用した開業前研修を実施していて、働きながらでも開業準備がOK。開業後はスーパーバイザーがマンツーマンで経営指導。売上60万円まではロイヤリティ0%で運営ができる。
募集エリア 全国
HP画像

樹楽

デイサービス

  • 大手ネットカフェ運営会社が母体。フランチャイズ事業のノウハウが豊富。
  • 家族へのケアとして高いニーズがある「お泊りサービス」に対応するなど、利用者の高いリピート率が見込める。

詳しくはこちら

開業資金の目安 ★★
初期投資総額:650万円
安定性 ★★★
月額固定制のロイヤリティを採用しているため、売上を挙げる程、収益性が高くなる。
サポート内容 ★★★
介護施設の申請から開業後の研修・監督に至るまで、フランチャイズ本部がサポート。
募集エリア 全国

※各フランチャイズの条件等などの情報は2015年1月に集めたものです。
最新の情報は公式サイトでご確認ください。

介護フランチャイズで開業するなら宅配クックワン・ツゥ・スリー

さまざまな介護フランチャイズを比較して、熟考してみた結果、私が最もオススメしたいのは「宅配クックワン・ツゥ・スリー」です。

◎低資金・少人数・小スペースでも始められる

宅配クックワン・ツゥ・スリーのフランチャイズは、あらかじめ調理済みの食材を温めて、盛り付けして、配達するというビジネススタイル。

自店で調理しないので、広いキッチンなどは必要なく15~20坪ほどのスペースがあればOK。また、夫婦2人で経営しているというケースも。少人数でできるのも魅力です。

初期投資にかかる金額が抑えられ、低資金でもはじめられます。

◎継続利用が見込める商品!おいしくて栄養管理されたお弁当

宅配クックワン・ツゥ・スリーは、1999年より高齢者向けの配食サービスを始めたパイオニアとも呼べる存在。

長い間のリサーチによって、高齢者の嗜好を分析し、開発したメニューは2,000種類以上。毎日おいしく食べられて、栄養バランスも良いお弁当は、高齢者とそのご家族からも好評です。

また、1食594円と、年金生活の高齢者が継続的に食べられる価格設定になっていて、高いリピート率を誇ります。

糖尿病食、腎臓病食などの制限食や、歯を失った方でも食べられるやわらか食なども用意されており、多くのニーズに答えることが可能になっています。

食材の安全性を追求し、店舗の衛生管理を徹底しているため、安心安全な食事としてケアマネージャーの間での評判も上々。高齢者食宅配部門でのシェアが高く、知名度も抜群です。

◎利益をあげやすい!契約エリア約20,000人の高齢者を独占できる

フランチャイズ加盟店には契約エリアが設定され、そのエリアに他の加盟店が出店することはありません。

1つのエリアには平均して15,000人~25,000人の高齢者がおり、見込み客をすべて独占することができるのです。

また、この制度によって、他の加盟店とライバル関係にならず、お互いに協力してサポートする関係性を生み出しています。

経営上の問題や日々の仕事で発生した問題は、FC本部はもちろん、他の加盟店に相談したりすることがとても多いとか。加盟店ならではの悩みを同じ立場の人たちと共有しあえる点も、宅配クックワン・ツゥ・スリーのフランチャイズの強みです。

安定継続できる!確立された集客ノウハウ

宅配クックワン・ツゥ・スリーの加盟店の顧客は、そのほとんどがケアマネージャーからの紹介。そのため、ケアマネージャーがいる営業先が居宅介護支援事業所になります。

ケアマネージャーに寄せられる利用者からの相談の中で、食事に関する相談が最も多いそう。

献立表があれば、相談の中で配食サービスについて案内してもらえる可能性が高いのです。このような販促ツールとしても使える献立表やチラシなども本部側で用意してくれます。

このような、長年培った営業・集客ノウハウを本部が蓄積していて、加盟店に惜しみなく提供してくれるのです。

宅配クックワン・ツゥ・スリーの事業説明会では、さらに詳しいノウハウを聞くことができます。介護ビジネスのフランチャイズ加盟を考えている方は、ぜひ一度足を運んでみてはいかがでしょうか。

宅配クックワン・ツゥ・スリーに資料請求する

フランチャイズの選び方のポイント

介護フランチャイズを行うにあたって、フランチャイザー(本部)を選ぶポイントは以下の3点です。

  • 明確な理念と介護における高い専門性があること
    介護は、ブランドなどの知名度による集客の見込みは難しく、飲食店のように物流に関するメリットもあまりないです。介護はどちらかと言うと想いを届けるサービスなので、明確な理念のないフランチャイザーはビジネスモデルがハッキリせず、待遇も悪いことがあります。
    そのため、介護フランチャイズを始めるなら、説明会に行くなどしてちゃんとしたフランチャイザーか、しっかり見極める必要があります。特に、介護に必要な専門性の高さの有無は、見極める上での線引きにもなります。
  • 介護事業所を運営した豊富な実績と経験があること
    介護フランチャイズでは、オーナーが苦境に立った時、親身にサポートしてくれるフランチャイザーの存在がとても重要になってきます。説明会では、ノウハウの蓄積、店舗実績、開業前後の支援体制の整え方などに着目してみましょう。金銭面で不安なら、資金サポートがあるかどうかについてもチェックしてみて下さい。
  • 中長期(3~5年掛けて行われる計画)での介護事業戦略を有している

介護業界は制度改正法が目まぐるしく変化するため、情報収集・分析を行って正確な制度動向を捉え、柔軟に戦略を練ることが出来なければいけません。
しっかりとしたフランチャイザーであれば中長期の経営ビジョンを練っているはずです。説明会に行った際は、フランチャイジーの収支見込みの計画書を提示してもらいましょう。

フランチャイジーは計画書を提示しながら、「介護フランチャイズを行うとこのような収支になる」と説明します。その計画書がどういった根拠で作成されたのか、明確に分かる数字としての根拠を聞いて下さい。
フランチャイザーが実際のフランチャイズ店の収支をもとに説明していたとしても、同じ開業地域でなければ収支が変わってきます
また、創業して間もないフランチャイズ店に利益が出るような収支計画書は、何かウラがあるかもしれないので注意が必要です。

 
 
介護フランチャイズの経営指南まるごとガイド