介護フランチャイズの経営指南まるごとガイド

サイトマップ

介護業界の優良フランチャイズBEST5ランキング

注目のジャンル・介護記念サービスのFC

  • 介護には欠かせない食のサービスの醍醐味とは
  • 食事制限がある方への宅配弁当
  • セミナーを取材してきました
  • 加盟している方の声

必要な資金の相場

介護ビジネスをフランチャイズで展開する上で必要になってくる資金やロイヤリティについて、実例を元に解説しています。

介護ビジネスの開業資金相場

介護ビジネスにかかわらず、フランチャイズで事業を始める場合は、加盟金やロイヤリティが必要になってきます。ここでは主な介護系事業のフランチャイズに加入する場合に必要となる資金のうち、加盟金といった初期費用とロイヤリティ相場を調べてみました。

業種 初期資金 ロイヤリティ
デイサービス 加盟金/315万円
設備投資/280万円~355万円
初期資金合計/595万円~670万円
5%
訪問介護 加盟金/200万円
保証金/50万円
研修費/50万円
初期資金合計/300万円
5%
訪問看護 加盟金/18万円
保証金/0円
初期費用/26万円~
その他/8万円~35万円
初期資金合計/52万円~
なし
訪問マッサージ 加盟金/100万円
保証金/20万円
初期資金合計/120万円
10%
配食サービス 加盟金/180万円
保証金/50万円
研修費20万円
備品/30万円
※厨房機器・店舗設計費・施工費は別途見積もり
初期資金合計/280万円
10%

これらをみると介護ビジネスをフランチャイズで始める場合に用意しなければならない資金は100万円〜1,000万円くらいの幅で大きく異なります。施設や設備機器が必要な介護サービスは、その分イニシャルコストがかかります。

物件の立地や状況・条件等により異なりますが、おおよその平均として介護ビジネスの開業資金は、物件確保・改装・その他の経費で約300万円前後、運転資金で300万円くらいが相場のようです。

売上予測を鵜呑みにせず、事業計画をしっかり立案。

介護ビジネスを展開する起業のフランチャイズ募集ページでは、開業費用が明記されていますが、それと同時に売上予測や事業見通しの数字が記載されているところが多いでしょう。

これらの数字を額面そのまま鵜呑みにするようでは、事業を行なっていく上で危険と言わざるをえません。開業地域や条件などによっても、同じ介護事業をしていていても利益などは全く異なってきます。

あくまでご自身の事業計画とマーケット分析をおこなった上でフランチャイズ本部が提示している利益や収益予想と照らし合わせてみることが大切です。

 
 
介護フランチャイズの経営指南まるごとガイド