介護フランチャイズの経営指南まるごとガイド

サイトマップ

介護業界の優良フランチャイズBEST5ランキング

注目のジャンル・介護記念サービスのFC

  • 介護には欠かせない食のサービスの醍醐味とは
  • 食事制限がある方への宅配弁当
  • セミナーを取材してきました
  • 加盟している方の声

フランチャイズの選び方

介護ビジネスで失敗しないために、儲かるフランチャイズかどうかを見極めるポイントを考察してみました。加盟料やロイヤリティ、サポート体制などチェックすべきところを紹介しています。

儲かるフランチャイズはどこで見極めるべきか?

フランチャイズシステムは独立や開業、起業をする時に心強い味方になってくれます。なにしろ経営のノウハウがそのまま利用できるわけですからね。

ただこの便利なフランチャイズも、最初に選び方を慎重にしないと、後で手痛いしっぺ返しをくらう失敗がよくあります。売上が上がっても利益がでなかったりしては、なんのための事業だかわかりません。

また上手く経営が行かない場合でも、フランチャイズ本部のサポートで経営を立て直した例も数知れずあります。

要はビジネスパートナーとして信頼できるフランチャイズを選ぶことが重要になってくるのです。

最初にチェックすべき3つのポイント

その1 加盟料は適切か?

ただでさえ資金が必要な開業時。できるだけ余分な出費は抑えたいものです。そこでネックになるのが加盟料ではないでしょうか。開業しようとする介護ビジネスでの相場がどれくらいかをまず調べておきましょう。加盟料が極端に高かったり、逆に低い場合は何らかの問題があると考えてみるべきです。

その2 ロイヤリティはあるか?

ロイヤリティは月々の売上に対して支払わなければならない費用です。このパーセンテージが高いと、高い売上を挙げたとしても、厳しい経営になってしまうことも少なくありません。できるだけ低いロイヤリティのフランチャイズが安心です。
ただロイヤリティが無い場合でも、その分を他の費用に上乗せされている場合もあるので、注意が必要です。

その3 サポート体制は充実しているか?

開業前のサポートだけでなく、開業後のアフターフォローもきっちりと行なってくれるかどうかは必ず確認することです。その際、説明会などで具体的に何を本部がやってくれるのかをチェックしてください。

独立・開業・起業というと、どうしても前のめりになって、事前の情報収集を怠ってしまいがち。事業は事前準備が大切です。

なかなか個人や小規模の会社では難しい商圏リサーチや開業後の経営サポートが受けられる点は、介護ビジネスのフランチャイズのメリットになります。その意味でも、しっかりとパートナーとなれるフランチャイズ本部を選ぶようにしましょう。

 
 
介護フランチャイズの経営指南まるごとガイド